オペラ、歌舞伎、本等

アクセスカウンタ

zoom RSS 森 麻季&川井郁子&仲道郁代コンサート

<<   作成日時 : 2017/06/20 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


息子の母校、横浜市桐蔭学園のコンサートホール行われたソプラノ・ヴァイオリン・ピアノによる標記演奏会を聴いてきた。手練れの3人のソリストによるすばらしい演奏会だった。川井さんの情感あふれるジプシー音楽には感心させられたし、森さんのデクレッシェンドもきれいだった。

仲道さんは最初から最後まで出ずっぱりで、15曲(アンコール1曲を含む)全部の演奏に参加した。ある曲は独奏し、ある曲はヴァイオリンとの合奏で、ある曲はソプラノの伴奏として演奏した。彼女のドビュッシー「月の光」は特にすばらしかった。生演奏でなければ味わうことのできない感動的なものだった。

ソリストは、歌手であれ、楽器奏者であれ、一音、一音のごまかしがきかない、しかも技術だけでなく高い音楽性が要求される。今回の3人の演奏者はいずれもソリストの条件を十分に満たしていたと感じた。

考えてみると、私は楽器のソリストの演奏を聴いたことはほとんどない。聴くのはいつもオペラ歌手の歌ばかりだ。人間の身体こそ最高の楽器だと思っているからだ。今回の演奏会で楽器奏者の音楽もなかなか良かったが、これは、まぁ、例外に属するのではないかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森 麻季&川井郁子&仲道郁代コンサート オペラ、歌舞伎、本等/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる