オペラ、歌舞伎、本等

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤原歌劇団・日本オペラ協会 デビューコンサート 2016 vol.2

<<   作成日時 : 2016/11/06 15:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1 日時: 2016年11月5日(土) 14:00
2 会場: イイノホール

3 プログラム:
(第1部)
対比地道夫 中田喜直「木兎(みみずく)」

植村 有喜 ≪ロメオとジュリエット≫ 「私は夢に生きたい」
崔 利先 ≪エルナーニ≫ 「エルナーニ、私を奪って逃げて」

高嶋 康晴 ≪ジャンニ・スキッキ≫ 「そうじゃないよ!・・・フィレンツェは花咲く木のように」
伊東 薫子 ≪つばめ≫ 「ドレッタの夢」

庄司菜穂子 ≪リゴレット≫ 「慕わしき人の名は」
山崎 由佳 ≪フィガロの結婚≫ 「あの美しい時はどこへ」

相羽(稲場)薫 ≪セビリャの理髪師≫ 「今の歌声は」
池田 一江 ≪ラ・ボエーム≫ 「あなたの愛の呼ぶ声に」

坂部  愛 ≪蝶々夫人≫ 「ある晴れた日に」

(第2部)
小山田はゆ ≪結婚手形≫ 「この喜びを聞いてください」
熊谷真梨子 ≪トゥーランドット≫ 「王子様、お聞きください」

小倉 昌江 ≪清教徒≫ 「私はかわいい乙女」
松岡 幸太 ≪ラ・ボエーム≫ 「冷たい手を」

氏家和歌子 ≪ワリー≫ 「さようなら、ふるさとの家よ」
下瀬 太郎 ≪セビリャの理髪師≫ 「蔭口はそよ風のように」

高橋未来子 ≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫ 「ママも知る通り」
泉   萌子 ≪アンドレア・シェニエ≫ 「亡くなった母を」

星 由佳子 ≪アドリアーナ・ルクヴルール≫ 「苦しみの快楽」
西本 真子 ≪アンナ・ボレーナ≫ 「私の生まれたあのお城」

ピアノ: 奥谷 恭代  高橋 裕子

4 感想:
第1部で歌った人たちの歌唱は総じて言えば、堅くて荒削りな印象だった。「デビュー」だからこんなものなのかなと思った。

ところが第2部で歌った人たちは一転して「上手い」と思わせる歌いっぷりだった。
たとえば≪ラ・ボエーム≫「冷たい手を」を歌った松岡さんは(彼とは先日オペラサロントナカイで知り合った)自由にのびのびと、しかも伴奏のピアノとの息もピッタリ合っていて、聴いていて気持ちが良かった。

さて、最後の西本さんの番になって私は、「第2部の人たちは皆良かったのに最後でズッコケるんじゃないだろうな」と内心心配していた(ちなみに、この日のチケットは西本さんから買ったのである)。

しかしそれは杞憂だった。彼女の歌はこの日最高のものだった。

私は≪アンナ・ボレーナ≫は観たことがないので生意気なことは言えないが、彼女の歌は実に懐の深いベルカントだと感じた。トリをとるだけのことはある。お見事だった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤原歌劇団・日本オペラ協会 デビューコンサート 2016 vol.2 オペラ、歌舞伎、本等/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる