オペラ、歌舞伎、本等

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKドキュメンタリー「菊之助 挑む!」

<<   作成日時 : 2016/06/15 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

録画しておいた標記テレビ番組を見た。

菊之助の芝居は歌舞伎座で「鈴ヶ森」の白井権八と「壇浦兜軍記」の畠山重忠を見たことがある。それ以来、わたしは菊之助のファンである。この人の凛とした声、歯切れのよい口跡が好きである。

というわけで、期待をもって番組を見た。見終わった後の心境は若干複雑である。

まず、菊之助の真面目な性格、稽古熱心な様子、先輩の教えを貪欲に吸収しようとする熱意、これらはたいへん好ましいものに思えた。役者はこうでなくてはいけないと思う。

問題は、この人は世話物に向いてないのではないかとということだ。

彼が、家の芸とも言える魚屋宗五郎を演ずるところを見たが、どうも物足りないのだ。
まだ若いからだ、これからだ、というのならいいのだが、ひょっとしてこの人は女形の方が向いているのではないかという疑念が生じたのである。

音羽屋なんだから女形でもいいのではないかといえばたしかにそうなのだが、わたしは女形は苦手だ。

そもそも5代目、6代目菊五郎とも世話物で人気があったと聞いている。2代目松緑も道玄とか魚屋宗五郎とか髪結い新三が得意だった。音羽屋の魅力はまず第一番に世話物だと思うのである。

菊之助は自分のことを「不器用だ」と言っていた。たしかに器用ではない。生まれつきの品の良さが邪魔をして江戸っ子の伝法な物言いがうまくできないのだと思う。一方で、「伽羅先代萩」の女形はサマになっていた。

ふと思ったのだが、菊之助は梅玉に似ている。わたしは梅玉の持ち味も好きだからそれはそれでいいのだが、将来菊五郎を継ぐべき人としては少し物足りない。

菊之助がこれからどう成長していくのか、期待を込めて注目してみようと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKドキュメンタリー「菊之助 挑む!」 オペラ、歌舞伎、本等/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる